粘土モチーフやオリジナルイラスト展示に向けてフリマ出店頑張ります☆★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by のん
 
[スポンサー広告
粘土で作るアップルパイ。
こんにちは、

のんです(o^-^o)

昨日はあっぷるみーるさんのイベントにお越しくださり、
誠にありがとうございました!!
お客様、主催者さまお疲れ様でした。

今回はあっぷる繋がりで…(今思いついた!笑)
「粘土で作るアップルパイ」の動画を作りました。

良かったらご視聴くださいませ。



今回は工程が多くて、再生時間を3分以内にはできませんでした。
少し長めの動画になっております。

材料、道具、そして簡単なレシピを書きました。
こちらも少々長めですが、ご参考になれば良いなと思います(o^-^o)

*スイーツデコ*粘土で作るアップルパイ Sugar donut made from clay

ご視聴ありがとうございます(o^∇^o)
~アップルパイのレシピ~
アップルパイの大きさ 縦2.5 横3.5 高さ1.2 (cm)
(直径約8cmのタルト型8等分)

<材料>
・透ける粘土、すけるくん
・樹脂粘土、グレイス・コスモス(1:1で混ぜたもの)
・タミヤ、デコレーションカラー(レモンシロップ、オレンジシロップ)
・ターナーアクリルガッシュ(イエローオーカー、パステルレモン、バーントシェナー)
・ベビーオイル
・コニシ、木工用速乾ボンド
・セメダイン、スーパーX(クリヤー)
・タミヤ、トッピングの達人(クリヤーソース)

<道具>
・大さじ計量スプーン
・つまようじ
・クッキングシート
・プレッサー
・歯ブラシ
・はさみ
・ピンセット
・タルト型(直径約8cm)
・パジコ、調色スティック(ニードル&ヘラ)
・カッター(替え刃にマステを貼ったもの)
・ミニストロー
・クッキー抜き型(丸型)
・クリアファイル(10×10cmに切ったもの)
・パレット
・筆
・化粧用パフ
・紙パレット

<購入先>
・すけるくん、コスモス、グレイス、ターナーアクリルガッシュ
 木工用速乾ボンド、セメダインスーパーX(東急ハンズ)
・タミヤデコレーションカラー、トッピングの達人ソース
 (ヨドバシカメラ、シュゲールドットコムなど)
・パジコ、調色スティック(シュゲールドットコム)
・紙パレット(東急ハンズ、カワチ画材など)
・タルト型(100円ショップ、セリアorダイソー)
・クッキー丸型(セリアお弁当コーナー)
・その他の道具(100円ショップ、セリアorダイソー)
※材料について店頭になければ、検索してみてください。

<レシピ>
*りんごを作ります。
 すけるくん大さじ1杯に、
 レモンシロップ2滴、オレンジシロップ1滴を混ぜて色をつける。
・適当に3つに分ける。
・5mmの厚さにのばす。
・歯ブラシで両面を叩いてボソボソさせる。
・1週間乾燥させる。
(りんごの量はお好みで、調節してください。)
・ハサミで約3mmの角切りする。
・りんご出来上がり。
--------------------------------
*タルト生地を作ります。
・型にベビーオイルを塗る。
・大さじ3杯分の樹脂粘土をイエローオーカーで色をつける。
(3杯分の内、2杯はタルト生地下、1杯はタルト生地上の網目になる。)
・2杯分の粘土をタルト型のひと回り大きくのばす。
・片面だけ歯ブラシで叩いてボソボソさせる。
・ボソボソさせた面を下にしてタルト型に置く。
・タルト型と粘土を密着させる。
・親指ではみでた粘土を外に折りながら取り除く。
・歯ブラシフチを叩きボソボソさせる。
--------------------------------
*カスタード生地を作り、りんごをのせます。
 大さじ1杯分の樹脂粘土をパステルレモンとイエローオーカーで色をつける。
(パステルレモン2、イエローオーカー1くらいの割合)
・粘土をのばして、タルト生地の中に入れる。
・歯ブラシで軽く叩き、生地同士をくっつける。
・タルトの底を叩き、タルト型から出す。
・タルト中央に印をつける。
・印からカッターの刃を入れ、8等分に切る。
・タルト生地の部分だけパイの層をつける。
(調色スティックのヘラを使う。なければカッターなどで)
・カスタード生地の上にりんごをのせる。
(量はお好みでOK)
--------------------------------
*パイの網目を作ります。
・ストローを折る。(丸から楕円になればOK)
・残り大さじ1杯分のタルト生地を薄くのばす。
・片面を歯ブラシで叩き、ボソボソさせる。
・中央から穴をあけます。
(2列目は穴と穴の間に穴をあける)
・横にのばし、穴をひろげる。
・8等分に切る。
・フチを丸形で切り落とす。
・裏面にボンドをつけ、りんごの上にのせる。
--------------------------------
*パイのフチに飾りをつけます。
・余っているタルト生地でリーフを作る。
・フチにボンドをつける。
・リーフを3枚重ねてフチにつける。
・網目とリンゴに隙間があれば、りんごを足しておく。
(飾りはリーフにしましたが、お好みで)
・1週間乾燥させる。
--------------------------------
*焼き色をつけます。
・イエローオーカーとバーントシェナーに水を足し焼き色を作る。
(イエローオーカー2、バーントシェナー1弱くらいの割合)
・5回ほど重ね付けする。
--------------------------------
*リンゴからフィリングにします。
・セメダインスーパーXにイエローオーカー少量混ぜ、
 りんごに塗る。
(調色スティックのニードルを使う。なければつまようじで)
・スーパーXが硬化したら、クリヤーソースを
 網目とリーフに塗る。
(クリヤーソースなければニス、ジェルメディウムを塗ってもOK)

*アップルパイの出来上がりです。

<編集後記&補足>
アップルパイの網目が困難ですので、簡単に作れる方法を考えました。
網目のほうがリアルですが、十分アップルパイに見えます。
タルト型の大きさはお好みで、生地を増やしたり減らしたりは
加減を見てください。
粘土の乾燥前にする工程が多いので、粘土の表面が乾いてくると思います。
焦りは禁物。気にせず、落ち着いて作ることが大事。
もしどうしても乾きが速い場合はもう一度粘土を練り直して
柔らかくしてから再度チャレンジすると良いと思います。

※道具、材料等の代用品は各自でお探しくださいませ。
--------------------------------------
↓ブログはこちら↓「水玉バンビ」
http://mizutamabanbi.blog21.fc2.com/
--------------------------------------

制作・編集・撮影 水玉バンビ(MizutamaBambi)
My weblog:http://mizutamabanbi.blog21.fc2.com/
Follow me on twitter!:@mztbanbi

Music by:FREEBGM DOVA-SYNDROME
HPはコチラ→http://dova-s.jp/

***

誰ですか…少々長いとか言ったヤツはぁ…。
めちゃ長いですね(汗)

一応私なりに、今回のアップルパイを作るにあたっての
主要メンバー(主に使うもの)を
パチっと写真に収めてまいりましたので
紹介していこうと思います(o^-^o)

りんごを作るときに使う材料です。
すけるくん。
003_20161104003415c89.jpg

すけるくん 透明ネンド 200g

新品価格
¥982から
(2016/11/4 00:37時点)




煮たりんごって透き通るので、樹脂粘土ではなくて、
すけるくんを使いました。
ですがすけるくんがなければ、
タルト生地に使った樹脂粘土でも良いと思います。
最後にスーパーXを上からつけるので
それで透明感は出せるし、
すけるくんのりんごは綺麗でおいしそうだけど、
パッと見た感じどちらでもおいしそうに作れるはずです。

りんごを作る色は
タミヤ、デコレーションカラーの
レモンシロップとオレンジシロップです。
001_20161104003412f4b.jpg

タミヤ スイーツデコ D-4 レモンシロップ

新品価格
¥1から
(2016/11/4 00:40時点)


タミヤ スイーツデコ D-6 オレンジシロップ

新品価格
¥110から
(2016/11/4 00:41時点)




レモンスライスを作ったときに補足としてグレフルを作りましたが、
グレフルと同じ色の割合でりんごも作れちゃいます。

すけるくんも着色剤も同じの揃えられない場合は
樹脂粘土にパステルレモン少量でも良いと思います。
白は入れないでパステルレモンだけ、ほんのちょっとです。
もともと樹脂粘土は乾燥すると半透明になるので、
それを活かす感じでしょうか…(o^-^o)

動画ではすけるくん大さじ1杯しか使いませんが、
りんごの使う量が定まらないので、
すけるくん大さじ1杯に対しての着色剤の量の割合を動画にしました。
ですので、大さじ1杯以上りんごを使う…作るのであれば、
自身で量を加減する必要があります。
もし大さじ1杯以上りんごを作るのであれば、
着色の際、動画と同じく
大さじ一杯ずつ着色するのがおすすめです。
大さじ2杯で着色も倍量にすると少しオレンジが濃くでます(経験済)
ちょっと手間だけど、そのほうがりんごの色になります。

すけるくんはちょっとずつちょっとずつ着色していくのが
失敗しないコツですよね。

りんごを角切りにするのはすけるくんが乾燥してからしています。
一応どっちも試したんですよ。
すけるくんが乾燥する前のゆるゆる状態で角切りにするのと
完全に透けて硬化した状態で角切りにするのと
どっちがいいのか…。

ぶっちゃけ、どっちでも良いです(笑)

でも乾燥後のほうが大きさが安定するし、
(すけるくんは乾燥しているうちにすごく縮むので)
切るときに変な筋が付かないので、乾燥後に切ることに決めました。

樹脂粘土はいつも通り、グレイスとコスモスを混ぜたものを使います。
002_20161104003414e30.jpg

[グレイス] 樹脂風粘土

新品価格
¥790から
(2016/11/4 00:53時点)


[コスモス] 樹脂風粘土

新品価格
¥690から
(2016/11/4 00:53時点)




樹脂粘土は手持ちの粘土で良いと思います。
モデナとか、ハーティとか。
特にハーティは乾きが遅いので、
乾く前にする工程が多いアップルパイには良いかもしれませんね。
もちろん紙粘土でも良いと思いますよ~(o^-^o)


次にタルト型ですが…、
確か買ったのはセリアさんだと思います。
2枚入りで1セットだったはずです。
004_20161104003416b72.jpg

アマゾンで類似商品があったので貼っておきます。

パティシエール タルトレット 8cm 波(丸型)大PP-637

新品価格
¥324から
(2016/11/4 01:00時点)




動画で使っているのは直径約8センチのタルト型です。
このタルト型、綺麗に8等分できるから重宝しています。
波が24個あって、1切れ3個分ですから、
綺麗に切り分けられます。

アマゾンのは波が20個だから、ちょっと切るの難しそうですね。
綺麗に切るポイントは…
「ゆっくり丁寧にっ!」…それいつもや…。

切ったあと、パイの層を作るのに筋を書きます。
使ったのがパジコさんの調色スティックです。

005_201611040034177c9.jpg

レジン道具 パジコ 調色スティック 2本入り 403033

新品価格
¥259から
(2016/11/4 01:08時点)




2本ついてるけど、
私が使ったのはニードル&ヘラのほうです。

007_2016110401085355d.jpg

ヘラのとがったほうでザクザク筋を入れます。
ちょっと楽しいですよ(o^-^o)

ですがだんだん生地の表面が乾燥してくるので、
急ぎめで作っています。
乾燥していくとどうしても筋を入れにくくなりますので…焦りますよね。
どうしても乾燥してしまう…ということがあれば
タルト自体をラップでふわっと包んでおくと乾燥も微力ながら防げると思います。

そして焼き色。
ここまできたら失敗したくないですよね。
でも焼き色で失敗すること、とても多いです。
私も焼き色で失敗することたくさん。
009_201611040108549f2.jpg

焼き色はイエローオーカーとバーントシェナーと水。
水多めです。水は絶対多めです。
焼き色1回目、色が生地についてなくてOKなくらいの薄めで全然問題ありません。
何度も何度も重ね付けすることが成功の秘訣です。
そして重ね付けする際は、
つけた絵の具が乾燥してからというのも大事です。
乾燥しないで2回目つけるとムラになるので、
焼き色を付ける→いったん乾燥させる→焼き色をつけるの順番でつけます。
生地は8個分あるので、順番を決めて焼き色をつけていけば良いと思います。
それを重ね付けを5回ほど繰り返すと綺麗に焼き色が付けられると思います。
うまくできるか断言はできません。こればっかりは慣れるまで難しいです。
未だに私も失敗しますもの…(汗)

ターナー色彩 アクリルガッシュ イエローオーカー AG020032 20ml(6号)

新品価格
¥213から
(2016/11/4 01:19時点)


ターナー色彩 アクリルガッシュ バーントシェナー AG020034 20ml(6号)

新品価格
¥213から
(2016/11/4 01:20時点)




焼き色をつけたら、つぎはリンゴをフィリングにする工程に入ります。
この工程も使う材料に悩みましたが、
セメダインスーパーXを使いました。
やっぱりセメダインのとろ~り感は捨てきれませんでした。
他はジェルメディウムとかストリングジェルメディウムとか
モデナペーストとか…ニスとか色々候補はありました。
セメダインにしたのは最初からどんな色になるのか分かりますし、
ここも難しかったらちょっとアップルパイを作るのが億劫になりそうだからです(笑)
多分、網目の時点で「ハァハァ(*´Д`)」してると思うので…。
使っていた道具は調色スティックのニードルです。
今までつまようじを使っていたけど、
これはしなるのでとても使いやすいと思います。

006_20161104010850b0d.jpg

ここまできたらあとはツヤを出すだけです(o^-^o)
ツヤだしはなんでもいいと思います。
ニスでもジェルメディウムでも、ツヤが出せるものなら…。
タミヤのクリヤーソースを使ったのは私の興味本位からです。
今まで使ったことなくて、でも家になぜかあったので
使ってみようということになりました。

008_20161104010852d90.jpg

タミヤ デコレーションシリーズ No.46 トッピングの達人 (クリヤーソース) 76646

新品価格
¥262から
(2016/11/4 01:27時点)




使ってみたら、このソース、
いちごソースとかと同じで少し盛り上がります。
盛り上がるのでとてもおいしそうに見えました(o^-^o)♪

ということで、アップルパイの出来上がりです。

046_201611040130498be.jpg

反省点としては、カスタード生地が少し多かったかな~というところです。
大さじ半分にしても良かったと思います。
もちろん、カスタード生地はなしで、全部りんごのほうが
よりアップルパイに近くなると思います。
網目はずっと前から考えていました。
当の私も面倒くさがりなので、1本ずつ編み込みしていくのが
苦手でどうしたものかな~と考えていて、
ちょうど本物のアップルパイの作り方を検索していて、
生地を伸ばしてフィリングの上にのせてから
包丁で切込みをいれていくという方法があり、
あぁ、これ粘土でも使えそう…と思ったのがキッカケです。
実際カッターで切込みを入れて…というのもやってみたけど
上手くいかず、ならストローはどうだろう…ということで
ストローだと意外と網目になってくれたので、こちらを採用しました。

本物の作り方って粘土でも意外とヒントになってくれるから
作る上でとても役立ちます。

ということで、長々書いてしまいました。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます(o^-^o)

それではこの辺で。
関連記事
Posted by のん
comment:4   trackback:0
[動画*樹脂粘土
comment
こんにちは。
段々と作品が出来上がっていく過程を見るのがとても楽しかったです♪
魔法の手ですね~
きっと作品を作るのも、動画を作るのも大変なことだと思いますが、
作成過程動画が大好きですので、また見られるのを待っています!
2016/11/06 07:26 | | edit posted by
毎回楽しみに見てます!
もうすごいの一言(*^ω^*)
のんさんに憧れて作ってみるけど全然作品といえる状態ではありません(;ω;)
次回のショップ販売楽しみにしてます!
2016/11/06 09:04 | | edit posted by よっちゃんママン
Re: タイトルなし
ありがとうございます(o^-^o)
また復活できるといいなぁと思います。
終わったわけではないし、休止扱いとしてみていただけたら幸いです。
2016/11/11 10:39 | | edit posted by のん
よっちゃんママンさんへ。
ありがとうございます!
とりあえず作ってみるということは大事だと私も思います。
わたしも最初、作り始めは興味津々で始めました(o^-^o)♪
楽しみにしてくださり、ありがとうございます♪
2016/11/11 10:41 | | edit posted by のん
comment posting














 

trackback URL
http://mizutamabanbi.blog21.fc2.com/tb.php/1525-79a22880
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。